【都知事選】在特会元会長の桜井誠氏が出馬表明!桜井パパとは全くの別人注意!

この夏に行われる東京都知事選において、自民党の小池百合子氏に続いて、在特会の元会長の桜井誠氏が出馬を表明したとのことです。

plt1606290061-p1


【東京都知事選】在特会の桜井誠前会長が出馬表明「トランプに負けぬナショナリズムを」パチンコ規制も主張/(産経ニュース)産経ニュース



桜井は桜井でも別人!

自民党で擁立を目指してた桜井パパこと前総務事務次官の桜井俊氏とは全くの別物

桜井誠氏は在特会(在日特権を許さない市民の会)の元会長で、いわゆる極右思想の中心的人物とも言えます。

桜井氏はどんな人物か

過去には大阪でいわゆるヘイトスピーチ問題で橋下市長(当時)と対峙する様子が話題になりました。

桜井誠氏の今回の都知事選の公約には「舛添前知事が進めていた韓国人学校への都有地の貸し出し中止」などを掲げているそうで、その点は小池百合子氏と一致します。

しかし、桜井誠氏の場合は、都民のための公約というより自身の思想からくるものでしょう。

また、公約には「日本人に対して行われる反日ヘイトスピーチ禁止条例の制定」を掲げているようですが、そもそも大阪のヘイトスピーチ禁止条に反対する際に「表現の自由を守れ!」とか言っていたような気がしますが、大きく矛盾するのではないでしょうか?