まずは最初の一週間、甘いものを一切やめてみる!

file8961344864745


体に悪いとわかっていても、ついつい手が出てしまう甘いもの…止めるにはどうしたら良いでしょうか?お勧めなのは、まずは最初の一週間、とにかく一週間、固い決意で一切の甘いものを止めてみる事です。



デザートはもちろん、お茶菓子は一切禁止

ケーキやチョコレート、お煎餅なんかも一切禁止です。

コーヒーはブラック、紅茶はストレート

コーヒーや紅茶に入れる砂糖も禁止です。脳が覚えてしまった「甘い誘惑」断ち切るために、人口甘味料も禁止です。

みりん、ケチャップなどの甘い調味料も禁止

これも感覚をリセットするためです。市販のケチャップは相当な砂糖が使用されているので注意です。煮物に砂糖やみりんを使うのも止めてみましょう。

コンビニに入らない

菓子パン、お菓子、缶コーヒー、炭酸飲料…最近はセブン-イレブンでもドーナツが売っていますね。コンビニは砂糖の宝庫でう。誘惑が多いのでまずはコンビニに立ち寄らないようにしましょう。

間食を禁止

これが一番難しいかもしれません。小腹が空いた時にこそ甘いものに手を出してしまいがちです。間食自体を一切止めることで、甘いものと接する機会は激減します。

お付き合いの甘いもの禁止

一緒にランチやカフェに行った相手が甘いものを食べても、自分は食べないようにしましょう。自分に出された甘いものは気前よく友達にあげましょう。

一週間やめてみると

不思議なもので、たったの一週間我慢するだけで「甘いものが食べたい!」という感覚が無くなってきます。すると後は簡単。ダイエットや肌質改善など様々な効果が現れ、甘いもの断ちをしているのが、むしろ自然でいられるようになります。

まずは最初の一週間、固い決意でやめてみて下さい。